So-net無料ブログ作成
検索選択

生き残った者の使命   [情報]

試練を乗り越える誓いの言葉

  

卒業式答辞・東日本大震災

http://www.youtube.com/watch?v=l19NX4jTyV8

2011年3月22日 気仙沼 階上中学校 卒業生代表の答辞 )

 

私たちは、そのキラキラ光る日差しの中を希望に胸を膨らませ、通い慣れたこの学び舎を57名揃って巣立つはずでした。

 

前日の11日、一足早く渡された想い出のたくさん詰まったアルバムを開き、十数時間後の卒業式に思いを馳せた友もいたことでしょう。東日本大震災と名付けられる天変地異が起こるとも知らずに・・・。

 

自然の猛威の前には人間の力は余りにも無力で、私たちから大切なものを容赦なく奪って行きました。天が与えた試練と言うにはむごすぎるものでした。つらくてくやしくてたまりません。

 

時計の針は、14時46分を指したままです。でも、時は確実に流れています。生かされた者として顔を上げ、常に思いやりの心を持ち、強く正しくたくましく生きて行かなければなりません。

 

命の重さを知るには大き過ぎる代償でした。しかし、苦境にあっても天を恨まず運命に耐え、助け合って生きていくことが私たちの使命です。

 

私たちは今、それぞれ新しい人生の一歩を踏み出します。

 

 
Youtube  より ⇒ 
 
 
DSC02658.JPG

 

                                             にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

 

被災地南相馬市、中学校で卒業式 津波犠牲2生徒にも証書

http://www.47news.jp/CN/201303/CN2013031301001297.html

2013/03/13 13:34   【共同通信】

東日本大震災の被災地、福島県南相馬市の小高中学校が13日、卒業式を開き、45人が母校を巣立った。当時1年生で津波の犠牲になった生徒2人にも卒業証書が出された。教員が後日、遺族に手渡す。

小高中は東京電力福島第1原発事故のため、今も避難区域内にある。式は移転先の鹿島小の体育館で行われた。

遠藤弘通校長は「夢半ばで命をなくした人の分も生きていることを感謝し、遠回りしてもあきらめずに夢をかなえてください」と激励した。

この日、福島県の公立中約230校、約1万9千人が一斉に卒業式を迎えた。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

クレーマー&クレーマー

tibita21さんが 2012/08/26 にアップロード
再生回数 21,878 (2013/3/25 11:15現在)

以下、この動画に寄せられたコメントの一部です。勝手に転載しました(申し訳ありません)。

「このような動画は著作権などといったものでは縛ってはいけない。­広く、そして後世に残し続けていきましょう。アップありがとうご­ざいます。削除した方、勘違いしていますよ」

「答辞の動画、以前見ていたものが著作権に引っかかるだかなんだか­で削除されてましたが残念です。後世に必要な映像は残しておいて­ほしいです」

by クレーマー&クレーマー (2013-03-25 11:19) 

クレーマー&クレーマー

半年で再生回数、100,000回。
再生回数   21,878 (2013/3/25 11:15現在)
再生回数   23,977 (2013/3/29 23:35現在)
再生回数  128,165 (2013/10/7 16:06現在)

by クレーマー&クレーマー (2013-10-07 23:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。