So-net無料ブログ作成

不正を訴えることの意味   [ブログ]

不正な実態を知って貰うことに意味あり

Sさんは、出版社から自費出版で本を出した。しかし、話が違うとしてトラブルになった。そこで、Sさんはそのことをブログに書いた。そうしたところ、出版社の弁護士から「ブログに出版社の悪口は書かない」よう強要された。

裁判になりますよ」と弁護士。

ああ。構いません。どうぞ訴えてください。むしろ訴えてくださいよ、私のことを。そうしたら世の中の人も、御社の悪辣手口を知ってもらえるし、出版カルトという新しい概念を社会に広められる」とSさん。

「自分にやましいことなんかない」というSさんにとって、弁護士の挑発は、むしろ望むところ。

この続きは http://blog.livedoor.jp/ajishirabe/tag/%E8%99%8E%E3%83%8E%E9%96%80%E7%B7%8F%E5%90%88%E6%B3%95%E5%BE%8B%E4%BA%8B%E5%8B%99%E6%89%80


鬼蜘蛛おばさんの疑問箱

                  イメージ 1        にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。