So-net無料ブログ作成

これを屁理屈と言わずに何と言えばいいでしょうか。   [ブログ]

ある出版社から本を出しました。初版は、著者(私)が全額費用を負担しました。それが売れ切れたために、増刷することになりました。

増刷については出版社が全額費用を負担する契約になっていました。そのために、出版社の採算ラインに達するまで売れなかった場合にその達しなかった分を著者が買い取るという覚書を取り交わしました。

増刷したのはいいのですが、やはり売れませんでした。

契約期間終了後に出版社から買取り金額の提示がありました。それは、私が想定していた金額と相違していました。そこで、私は、出版社に異を唱えました。

そうしたところ、出版社は、出版社が提示した金額は正当なものであるとしながらも、私が想定していた金額を請求するという方針に転じました。

しかし、私は、出版社が提示した金額は不当なものであると思っていました。そこで、私は、出版社がそれを正当であると主張する「根拠」の開示を求めました。

私の要求に対して、出版社は次のように回答しました。

>〇〇様の主張を覆す根拠を示すことは、その立場を変えることになりますので必要性はないものと存じます。

「立場を変えることになる」とは、私の解釈に基づく金額を請求するという方針を撤回して、出版社の解釈に基づく金額を請求する方針に戻るということです。

出版社は、出版社の解釈こそが正当だと主張している訳ですので、その主張を貫けばいいはずです。

出版社が方針を変更したのは、「企業としての生産性」という出版社の都合を理由としていました。あくまでも、正しいのは出版社の解釈であるという主張でした。

出版社は、私が初めて異を唱えた時、十分な検討をすることもせずに私の主張を退けました。すなわち、出版社は、出版社の解釈以外はあり得ないと思っていたのです。

しかし、私があらためて異を唱えた時、出版社は、私の解釈もあることに気付きました。そこで、出版社は、私が強く異を唱えたことから私の解釈に基づく買取り金額を請求するという方針に変更したという訳です。

しかし、出版社は、方針は変更したものの、その解釈は間違っていない(私の主張を覆すに足る「根拠」がある)と主張しました。私は、とてもその主張には納得できませんでした。そのため、「根拠」の開示を要求しました。

出版社が「根拠」の開示を拒否する理由は合理的でない、と私は思うのですが、皆様はどう思われますか。


                                     にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

極悪非道人

痾ラら☹☹
アナた、まだこれやってんですか;;;;
モう>ワカッたから
ビョーインいきましょウよ・・ネ・ネ
ソーいや~サクラもソロソロ>>マンカイだもんネエ:::

by 極悪非道人 (2015-04-01 22:29) 

クレーマー&クレーマー

痾ラら☹☹
アナた、まだこれやってんですか;;;;
モう>ワカッたから
ビョーインいきましょウよ・・ネ・ネ
ソーいや~サクラもソロソロ>>マンカイだもんネエ:::

by 極悪非道人 (2015-04-01 22:29)

by クレーマー&クレーマー (2015-04-01 22:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。