So-net無料ブログ作成
検索選択
フィクション ブログトップ

ある出版社の信じられない営業姿勢   [フィクション]

出版不況で苦しい出版業界 

これはあくまでもフィクションである。

 
Cさんは、10年前に35年の公務員生活を終え、現在、相模湾が見渡せる伊豆高原の地で奥さんと二人で第二の人生を送っている。
 

奥さんとは学生時代に知り合った。結婚して3人の子宝に恵まれた。3人の子供はそれぞれ、独立して家庭を築いている。子供たちは、年に数回、孫を連れて遊びにくる。その時だけは、静かな家の中がかつての賑わいを取り戻す。
 

公務員時代には、突発的な出来事が発生し、休日であっても呼び出されることがよくあった。年間20日以上あった年次有給休暇も容易には取得できなかった。通常の休暇であっても、旅行するときなど緊急事態に備えて行き先を報告しなければいけなかった。
 
退職した後、Cさんは、「知的能力の衰退を防ぎ、他者に依存することなく自立できる後期高齢者の生き方を目指したい」と、パソコンを駆使して公務員時代の思いや日々のできごとをブログに綴っている。
 

去年、ブログの記事を一冊の本にまとめてある出版社から500部出版した。その出版社は、格安の費用で出版を請け負ってくれた。Cさんとしては、人生の一区切りの記念になればいいという思いで出版した。親戚や知人・友人に読んで貰えばいいと思っていた。
 

ところが、意外なことにその本は、口コミで評判が広まり、わずか半年で売れ切れた。そうしたところ、出版社から「増刷しませんか」という声が掛かった。増刷するとなると、出版社が費用は全額負担するものの、売れ残った場合にはそれを著者が買い取らなければならなかった。増刷の最小単位は1,000部だった。
 

Cさんは、思案した。一人でも多くに人に読んで貰えることは著者としてこの上ない喜びではあったが、果たして売れるのかという不安があった。
  
しかし、出版社から熱心に薦められたことからCさんは、増刷を決断した。売れなければそれを買い取って自分で無料で配布すればいいとも思った。
  

かくして、Cさんの本はめでたく増刷(第二刷)となった。初版(第一刷)は、500部が半年で売れ切れた。しかし、増刷した1,000部は売れ行きが芳しくなかった。どんなに人気のある作家の本でもいつかは売り行きはストップする。著名人の本でも売れないのに、無名の著者の本がそう簡単に売れるはずはない。
   

増刷した本の販売契約期間が終了した。やはり、売れなかった。大量の売れ残りが生じた。そして、当然のことながら、売れ残りの買取り要請が出版社から来た。
 

  (以下続く)
  


 

にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

          H0000107269.jpg

                                           写真  http://www.mapple.net/photos/H0000107269.htm


思いもしない出来事   [フィクション]

驚天動地の新事実

 

以下、あくまでもフィクションである(念のため)。

 
かつて私は、Bさんと盛んにメールのやり取りをしていた。それは、お互いの共通の目的のために情報の交換という、極めて意味のあることだった。

 

しかしある時、Bさんは体調を崩した。驚くことにBさんは、メールのやり取りが原因で体調を崩したと言い出した。そしてさらには、今後メールは一切しないとまで言い出し、実際にその通りになった。

   

ところが、メールはしないと言っていたはずのBさんからある時、メールが来た。メールはしないと言っていたのにメールが来たこと自体は何ら驚くことではなかった。Bさんの言動にはこれまでも理解できないことが少なくなかったからだ。

 

驚いたのは何と(!!)、Bさんはメールの相手を間違えて私にメールしていた。しかも、そのメールの内容がとんでもないものだった。それは、・・・ ( 続く )

 

君が歩くのを待っている

http://jkondo.hatenablog.com/entry/2013/04/03/004959

 

512ewbwQptL__SL500_AA300_ qww.jpg                

 

 

 

 

にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへにほんブログ村

作家であるということ

http://www006.upp.so-net.ne.jp/takagish/novel/column/column001.htm


呆れた言い訳   [フィクション]

開いた口が塞がらないお粗末な話

   

AさんとBさんは、共通の目的のために協力しながらそれぞれの道を歩いていました。ところがある時、ある行き違いがあって二人の間に溝ができました。原因は、AさんがBさんの間違いを執拗に指摘したことにありました。

  

二人の関係に上下はなく、あくまでも対等の関係でした。そこで二人は、メールでお互いに思う事を遠慮なく言い合っていました。しかし、Bさんは、表面上はAさんの指摘を受け入れていたのですが、あまりにもその指摘が厳しいものであったためにそれを素直に受け入れられなくなったのでした。そこで、BさんはBさんなりの言い訳を試みました。

   

しかし、それでもAさんの指摘は止まりませんでした。Aさんは、Bさんのためを思ってその間違いを指摘していたのですが、Bさんとしてはそのプライドが傷付けられたと思うようになりました。

  

そこで、Bさんは、Aさんの執拗なメール攻勢のために体の調子を壊したと言いだしました。そのため、メールでの交信も当分中止すると言いだしました。

  

Aさんとしては、思う事を正直にメールしただけでした。それはお互いに了解していたことでした。メールのいいところは、相手の都合を邪魔しないというところにあります。メールが届いていたとしてもすぐに返信する必要はありません。都合のいい時にメールをチェックし返信すればいいのです。緊急に返事が必要な場合は電話という従来からの方法があります。

  

ですので、Aさんは、Bさんから急いで返信を貰う事を少しも要求はしていませんでした。「都合のいい時に返信ください」と何度も言っていました。しかし、Bさんは、そのメールをよく読みもせずにすぐに返信していました。そのためにその返信は要領を得ないことが多々ありました。

  

そのため、Aさんは、その要領の得ない点についてさらに指摘しました。こういうことの繰り返しであったためにBさんとしては、Aさんからのメール攻勢で体調を崩したと言いだしたのです。

  

あるときBさんは、「緊急に入院することになりました。今後一切メールしないでください。手紙もお断りします。万が一のことがあった場合、どう責任を取ってくれるのですか」というメールをAさんに送って来ました。

  

Bさんが体調を崩したというのは事実でした。手術を要する大病を患っていたのですが、その原因をBさんはAさんのせいだと言っていたのです。Aさんとしてそれは聞き捨てならない事でした。

   

Aさんは何度も、メールの返信はいつでもいいですよと言っていたのです。それなのに、Bさんは、すぐに返信するのがマナーだと思い込んでいました。しかも、Bさんはメールをよく読みもせずに返事をしていました。

     

忙しいからじっくり読んでいられないというのが決まり文句でした。 しかし、メールをよく読まずに返信するということは、相手の話していることをよく聞かずに反論しているのと変わりません。

     

電話で話す場合は、その時はわかったつもりでいても後になると記憶に残っていないということがあります。そのためAさんは、電話よりもメールや手紙で用件を伝えることを重要視していました。メールや手紙なら何度でも読み返すことができ、それがそのまま記録として残るからです。

   

そういうメールのやり取りをしている中でAさんは、Bさんの言っていることに不信を抱くようになりました。すなわち、事実でない事を事実であるかのように装っていることがあるのではないかと思うようになったのです。その点を問い詰めると、Bさんは「どうして私が嘘を言う必要があるのですか」と言って反論しました。

  

人は誰でも必ずしも事実を言うとは限りません。嘘と認識していなくても勘違いして事実と反することを言うことは十分あります。それなのに、Bさんは「私は嘘は言いません」と言っていたのです。

  

しかし、このBさんの言うことが嘘であったことがある時、思いもしない事から判明しました。それは、 ・・・ ( 続く 

                  

小説作法十則 芥川龍之介

http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/4313_33771.html

    

     

 41mKMlq20rL__SL500_AA300_.jpg

 
 
 
 
 
 

にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ

にほんブログ村


フィクション ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。