So-net無料ブログ作成

無責任社会の構成員の再生産   [情報]

教育者としての資質の欠落こそが諸悪の根源  

     

 

    

   

    

滝川市小6女児の自殺と同じ悲劇がまたも起きてしまいました。7年前のその事件について怒りを表明したブログがありました。  

      

以下、

滝川市小6女児自殺のニュースから

http://nakaosodansitu.blog21.fc2.com/blog-entry-392.html

より(抜粋・要約)  

      

私は、教卓に残された7通11枚という遺書の数に圧倒された。 これまでに、どれほどの思いをため込んできたのか。 誰にも言えず、一人で耐えてきたのか…。

   

そして、市教委へのインタビューを見ていて、一挙に悲しみがこみ上げてきた。 遺書の中に、「いじめ」という言葉が出てこないから「いじめではない」-なんという欺瞞!   

    

あなた方には、この子の叫びが届かないのか。 7通もの重みがわからないのか。 ご遺族の悲しみ、苦しみ、後悔…あなたの娘だったらどうするのか。 真実を知りたいだろう! 

 

あなた方の対応を子供たちは見ている。 何よりも真実を知っているのは当事者である子供たちだ。 自分たちに罪があることを知っている。  

   

しかし、あなた方が子供に見せたのは、「隠蔽工作」だ。 真実は隠蔽できることを「学校」が、子供たちに教えたのだ!

    

しかも、教育委が加担することによって、学校という単体ではなく、「社会」でさえ真実を隠蔽することを教えた。 こうして、無力感とあきらめが静かに広がっていく。 長いものには巻かれろという風潮が広がっていく。    

    

一方、子供たちは、罪の償い方を教わることができなかった。人の「気持ち」は、その人そのものであり、とてもタイセツナモノだと言うことを教わることができなかった。 こうして気持ちを大事にせず、自分も人も大事にできない風潮が広がっていく。   

   

この事件で、あなたたちが子供たちに学ばせたこと、失わせたものを静かに振り返ってみてほしい。あなた方は、子供を歪ませたのだ。 誰も責任をとらなくていい無責任社会。その構成員をまたも再生産してしまった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。